元・大島未由希のつぶやき
シュノーケリングの楽しさを知る。
千葉県にある、とある海水浴場に行って来ました。

ザ・盆地で生まれ育った私としては、海はわりと縁遠き場所。
海の楽しみ方もそんなに知らずに27年間生きてきました。

そして先日、ミスターシュノーケリングことふみおさんに
海に行くと言うとシュノーケリングセットを貸して下さいました。
そしてシュノーケリングスポットも教えて頂きました。

シュノーケリングなんて、お金持ちのマダムとか、
浅尾美和みたいな真っ黒海ガールの楽しみだと思っていた私は、
私なんぞがシュノーケリングをやって許されるのか、と思ってしまい、
数々のグッズを貸してもらったはいいけれど、
せいぜい浮き輪でプカプカしているのがお似合いなのでは、と
ずっとひそかに躊躇しておりました。

最初にその海水浴場に行ったのは7月で、
そのときはまさに台風6号が大接近しているときでした。
海は大荒れ、お目当ての岩場に行くことすらも禁止される中
シュノーケリングデビューは断念、ということになりました。

そして昨日、改めてリベンジしてきました。
するとどうでしょう。天気はわたしたちを歓迎し、
あの鬼の様だった波も、まるで「おいでおいで」と手招きしているように見えるではありませんか。

そして、ドンキホーテで購入した、マイシュノーケルを装着し、
ふみおさんに貸して頂いたグローブに、いつもホテルで履いているくつを装備し、


いざ、海へ!!!



海に魚がいることに、いちいち驚き感動する、そんな私は現代っ子。
だって本当に、いわゆる熱帯魚みたいな魚がたくさん泳いでいるんです。
水はきれいだし、これが本当に首都圏の海かと思うくらいでした。
ちなみに北海道の海は、わりと汚く、戯れるものといえば藻と昆布くらい・・・

青に赤のしましまとか、黄色に黒のしましまとか、
とっても綺麗な魚がたくさんいました。

あとは稚魚がたくさん泳いでいて、ブリードしている者としては
稚魚には元気に育ってほしいと心から思いました。



そして、まあ本当に当たり前の話ですが、
海の中で人間が魚を捕まえようとは、なにを奢り高ぶっていたのかと、反省しました。
お借りした網を振り回し、何度も捕獲を試みましたが、全然ダメ。
当然です。魚が陸で人間を捕まえる様なものです。

結局、収穫は、ヤドカリ、よくわからない貝、ちっちゃいカニ、稚魚。

以上!!!

もちろんキャッチ&リリースしておきましたがな。


そんなこんなで、シュノーケリングの楽しさをこの年にして知った私。
いろんな海に行ってみたい!と思いました。
グローブも靴も、ちゃんと自前を用意して、次回に臨みたいと思います。
ミスターシュノーケリングことふみおさんありがとうございます。


私に浮き輪はもういらない・・・!!
[PR]
by mikimatusa-n | 2011-08-11 14:00 | Comments(0)
<< 生まれた日の天気 カルディの珈琲がおいしい理由 >>


ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧