元・大島未由希のつぶやき
ニキビにまつわる思い出話
いま、顔にすごいでかいニキビが4つほどできています。
上から下に向けて順番に出来ていき、痛くなるのも順番通り、痛くなくなるのも順番通りです。
あまりにもでかいので最近憂鬱です。


わたしはいわゆる思春期ニキビとは無縁でした。
同級生がニキビ面に悩む中、わたしはツルっとした顔で日々を過ごしていました。

大学に上がって、成人を目の前に、いきなりニキビが出るようになりました。
その時は、演劇部の稽古で忙しく栄養不足にて口の周りのニキビがすごかった。
それが証拠に、本番直前で胃腸炎になり救急病院に行くことになったのでした。

それからわたしは健康に気を遣うようになり、次第にニキビも出なくなっていきました。
しかし、アメリカに留学してからは、それはもうデブまっしぐらで、ニキビも出ました。
ニキビというかとにかく肌荒れがひどく、これはカロリーの関係なのでしょうがありませんでした。

帰国してからが問題で、わたしはいわゆる今どきの『腐』女子というものになり、
化粧は濃いくせに顔を洗わずに寝るというとんでもないことをやってのけていたのです。
これが約3か月つづき、松井秀樹の一歩手前まで迫りました。

しかしここでわたしは改心し、スキンケアを重んじるようになったのです。
というか、顔をちゃんと洗うようになりました。

上京してから働いていたすし○んまいでは、お客さんに
「お肌きれいですね~アボカド食べてるからですか~」と
よく言われていました。(ネームプレートに『趣味・アボカド栽培』と書いていたため)

25歳をすぎてからでしょうか、お肌の変化を感じ始めました。
毛穴が目立つ。なんとなく垂れ下っている気がする。ほうれい線が残る・・・!!!
などなど。これが年齢肌という奴です。


そして、いま。


でかいニキビが顔の中心から左の位置に、きれいに縦一列に並んで4つできています。

●眉間の、まゆ毛の付け根にひとつ。
●鼻のふくらみにひとつ。
●鼻のふくらみの脇にひとつ。
●唇の上にひとつ。

理由はだいたいわかっています。
健康ブームだとか言っておきながらアイスを食べ続けていたこと。
わりとマクドナルド利用率が高いこと。
あわてて栄養を取り始めたのでまだ間に合っていないこと。
コーヒーを飲みまくっていること。
何日間か、顔を洗わずに寝てしまった……!!!!!

これではいかん、と、27歳のわたしはまた改心をし、
銭湯に行って身体を温めてストレッチをしたり、合気道で身体を動かしてきたり、
お水をたくさん飲むようにしたり、コーヒーの代わりに緑茶を飲むようにしたり、
まあとにかく野菜ジュース飲んどけばなんとかなるべと思って飲んだり、

いろいろ、やっています。
が、このニキビだし、いまいち化粧ものらないし、BBクリームでさえも拒否される始末。
乙女心は傷ついています。自業自得なんだけどさ・・・・・!!!

ニキビがあると人と話しづらくなります。
でも話さないわけにはいかないので、とりあえず話すのですが、大体の人は
ニキビ=不摂生だとわかっているので、いたそうですね、大丈夫ですかなんていわれるのですが、
この前、山谷の長・カミムラ氏に、
「あれみゆきちゃんニキビ?わかいねーーーーっ(背中をバンッ!!!)」
と言われ、ニキビ=若いという印象を与えてくれたカミムラさんに感謝でした。

こうして今回の私のニキビも、トラウマになることなく消えてくれればいいのですが。
とりあえず今は、寝る前にお風呂に入る、もしくはせめて顔だけは洗う、という
低レベルな目標を掲げて、それでもがんばって達成させようとしています。

きれいなお肌になるためには、日々の努力が必要なのですね。
[PR]
by mikimatusa-n | 2011-10-26 22:59 | Comments(0)
<< ネズミと自転車 お遍路になる >>


ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧