元・大島未由希のつぶやき
挫折を認めて、次に進む時。
もう、ずぅ~~~~~~~・・・・・・・っと前から、おそらく、高校の時から、
いまでも、将来はぜったい通訳になりたいと思っている。
大学の志望動機にも通訳のことを書いたけど、1,2年のときはまだ通訳の授業が無くて、
3年生になったくらいでようやく通訳の授業ができて、4年でついに通訳のゼミができて、
大学時代の最後、ちょこっとだけ、通訳と翻訳の専門の勉強ができたんだけど・・・

じつはもうちょっと専門的に勉強したいと思っている。
で、通訳学校に通いたいと思っている。


大学を卒業する時、お芝居を続けたいと思っている一方、通訳の勉強もしたいと思っていて
どうすればいいかわからなくて、当時のゼミの先生(現役の通訳さん)に相談したら、
「お芝居は若い時にしかできないけど、通訳なんて40代、50代から花が咲く人の方が多いですよ。
べつにあせることなんてないと思いますけど」
と、サラッと言われて、背中を押されて、東京に行くことを決意した。

で、東京に出てきて、お芝居もしたはしたけど、いま、なんとなく限界を感じていて。
いま、芝居はやっていない。やろうと思わない。観ようとも思わないくらい。
だから、次にすすむときなのかな、と、うっすら感じている。


そう思わせたのはやっぱりFICTIONで、いまでもわたしはFICTIONが一番おもしろいとおもっていて、
でも自分はそこでうまくやれなくて、やれないんだったら、もうわたしは芝居つづけることはできないし
続けたいともおもわなくて。そういうかんじ。


わたしは高校の時からずーっと芝居をやってる(た)ので、友達に会うと、「まだ芝居やってるの?」と
聞かれるんだけど、どうしてもそのとき、「うん~でも機会がなくって」と曖昧に答えてしまっている。
だって、やろうと思えば、東京の劇団なんてごまんとあるし、オーディションうければ何かはできるかもだし、
でも結局やる気がないからやってないだけだし。

でもそれを隠しちゃって、変にかっこつけてる自分が途方もなくかっこわるい。

逃げてるだけなんだけど。
「いまでも芝居をつづけてる姿勢に勇気づけられる」なんて言われると、なんか「やめた」って言えなくて。
形だけ、芝居やってる人をダラダラつづけてるかんじ。


で、そろそろ本当に決める時だよな、と思っている。


東京に出てきたときから、ホステルで住み込みで働いて、やめたあとしばらくして、
いま、幸せなことに、またホテルで働くことができて、外国人と接するフィールドが、「旅行、観光」で、
だから自分が目指す最終目標は、「通訳ガイド」だな、と決めている。

通訳ガイドとして、実際に働くかは置いといて、まずは資格を取らないとと思ってるんだけど・・・
国家試験。いまの自分にはとんでもなくゴールが遠い。。。

2年前にうけたTOEICが、770点。
通訳学校に通うためには、最低900点以上。
(条件があるわけではないけど、900ないと授業についていけない)

この時点で、ずど~ん。

あとは、英検準1級もなんだかんだでまだ取ってないし。。
通訳ガイド試験で、英語の試験が免除になるには、英検1級取らなきゃだし。

ず~ん。


でもね、わたしがんばります。

2つあった、やりたいことのうち、1つを諦めたんだから、あとのもう一つは絶対あきらめない。
何年かかっても、ぜったい実現させたいっておもってます。


ホテルで働くようになって、いろんな国の人が日本を目指してきてくれて、
それもうれしいし、日本の文化とか、姿勢とか、やっぱり伝えたいって思いが強くなった。

わたしは英語を話すけど、同じ英語でも、日本人の考え方、礼儀、気持ちを英語にのせて、
会話を通じて、外国の人に伝えられるような英語をしゃべっていたい。

わっつあっぷよーめん、って、外国の人には、外国の人っぽく、っていう英語じゃなくて。

だって、Thank youって、頭を下げるのは日本人の特徴だし、
なにかにつけて、I'm sorryっていうのも、日本人の礼儀からくる癖でしょ?
それを「まちがい」とするんじゃなくて、わたしはそれを理解してもらえる通訳になりたい。


日本人の奥ゆかしさとか、本音と建前、まわりくどい敬語、めんどうくさい謙遜、
これぜーんぶ、英語にのせたら、おもしろいと思いませんか?


だから、いま、ホテルで外国のお客さんと接する時も、そういう感じで接してるんだ。
たまに笑われるんだけど、これこそ、わたしの目指す国際交流だなっておもってる。
変でいいよね。みんなちがうもん。ちがうことを知るのは、とっても大切だとおもってます。


このまえ、通訳ガイドを目指している人のブログに書いてあったんだけど、(URLみつけられんかった)
その人が、学校の先生に言われたことで、

「日本での建築物が、いつ、誰によって、どのように建てられたか、を覚えるのにみんな必死だけど、
じつはそれはぜ~んぶ、旅行者の持っているパンフレットに書いてあること。
通訳ガイドが伝えるべきことは、その先の、日本の精神や姿勢です。」

これ読んで、やっぱりそうだよな~。っておもったわたし。
通訳ガイドは外国人でもなれるけど、日本の精神を伝えられるのは日本人だけだと思いません?
だからやっぱりわたしは通訳ガイドになりたい。



と、いうわけで・・・


普段なんとなく考えていることを、ここに書いて、自分自身へ発破をかけてみました。

わたしの今後のステップをまとめると、こんなかんじ。

●TOEIC800点とって、そのあと900点をとる
●英検準1級をとって、そのあと英検1級
●上記2つを達成したら、通訳学校に通う
●日本の地理、歴史、いろいろ勉強しなくちゃ


うっ・・・・・・・・



まだまだ道のりはなが~いですが、(人生単位だなこりゃ)


がんばるぞ~~~。


あ、来週は、いよいよ合気道4級の審査です。
芝居のためーと思って始めた合気道も、和の精神ということで将来なにかの役に立つといいな~なんちゃって。


どっちもがんばるぞ~!
[PR]
by mikimatusa-n | 2012-09-23 10:43 | Comments(2)
Commented by むったのそ at 2012-09-24 14:39 x
待ってました‼そうこなくっちゃ!
みむきの夢は?ってかなり前に聞いたの覚えてる?その時はうーんって言ってたw
定まったね(o^^o)
人生には遅いも早いもないもんね!
お互い頑張ろう!
私は開業目指して頑張る!
まだまだ若い子には負けないぜっ‼
ね~ね~、ガイドって旅行業務取扱管理者の資格っていらないのかい?これも国家資格だよね!
短い人生…込めて生きなきゃね(o^^o)
Commented by mikimatusa-n at 2012-09-24 14:57
ありがとう〜。
前答えた「ちゃんとした大人になる」という目標もまだ掲げてます。笑
こーやって書く事で後戻りできなくするのも、それはそれで必要だよねぇ。
旅行業務取扱管理者はね、持ってると確か地理の試験が免除になるんだよ。
一応、問題集は持ってるんだよね。難しいけどおもしろいよ。

ま〜ほんと、どうなるかわかんないけどね!
とにかくやれるところまでやってみるさー☆お互いがんばりましょ。
<< 合気道4級の審査 世界はグー・チョキ・パー >>


ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧