元・大島未由希のつぶやき
日本の熱意
今日チェックインしたお客さんの中に、英語も日本語も全くしゃべれない、中国の人がいました。

あれこれやっていてフロントから離れている間に、やってきたらしく、フロントの前で佇んでいました。
最初、日本人だと思ったので、「こんにちはー」と言ったら、無言でニコニコしているから、
ん?と思いつつ、チェックインですか?と聞いても、ただニコニコするだけ。
あー外国人か、と思って、「Check in?」と聞いても、ニコニコ。

とりあえずチェックイン手続きをしようとしたら、
予約内容では2名なのに、1名で来たものだから、1名ですか?と聞いても、ハテナ?
ワン?ツー?ワンパーソン?ユーアンドユアフレンド?カム?と聞いても、ハテナ?

結局、彼のもっていたスマートフォンの翻訳機能に向かってしゃべって、8割誤作動だったけど、
ものすごい想像力を働かせて、あぁそういうことか、オーケーオーケー、みたいな繰り返しでした。

もう、あまりにも通じないものだから、おっかしくなってきちゃって、お互い笑っちゃって、
最後はほぼ、ジェスチャーゲームでした。


230さんと交代した後もロビーにやってきて、浅草寺にいきたい、上野に行きたい、銀座に行きたい、皇居に行きたい、
などなど、いろんなことを聞かれて、それでもどうやって伝えようか、と頭をひねりながら、
230さんがエセ中国語でバスのことを「大型車」、バス停のことを「車止」とか書きながら、なんとか必死に伝える。

そのうち、たいがいの漢字は通じることに気づき、(そりゃそうだ)、駅の名前とか、路線の名前などが通じて一安心。
230さんと、エセ中国語で遊んでたのがここへきて役に立つとは、ってかんじでした。


そして、わたしと230さんが、あーでもない、こーでもない、とあたふたしているのを見たそのお客さんが、
自分の翻訳機に何かを吹き込んで、表示されたのが


「日本の熱意」


という文でした。


「私はあなたたちにとても感謝しています」


という文も出してくれたな。


で、最後に、翻訳機に「しぇいしぇい」と吹き込んで、機械に「ありがとう」としゃべらせて、
自分も真似して、「ありわとう」と言ってくれました。


なんかとてもうれしかった~。


それにしても、言葉が通じないだけで、「伝える」という行為はこんなにも難易度が増すものだとは思わなかった。
言葉があることを当たり前と思っていたけれど、言葉の存在意義を改めて考え直してしまった。


それでも、こうして「伝える」ということに必死になることで、言葉では伝わらないものが伝わるのかもなぁ。



中国語を勉強する予定は今のところないけれど、言語を学ぶということを続けるにあたって、
今回の出来事は、初心に戻ることのできる、貴重な経験となりました。


言葉は、あって当たり前のものではないんだな。



がんばろう!
[PR]
by mikimatusa-n | 2012-10-12 23:55 | Comments(2)
Commented by Mティ at 2012-10-15 13:44 x
母国語ですら時々伝わらないことがあるのに、「伝える」という行為がいかに難しいのかというのをカナダで痛感しております;
しかし言葉以前に「伝えたい」という熱意が自分にあるのかどうか?って改めて考えてしまったなぁ。わからなさ過ぎて途中であきらめてしまうことがよくあるし笑。
わからないなりに、一生懸命になってくれたらそりゃあ嬉しいよね。言葉が通じない代わりに、通じないからこそ言葉という「形あるもの」ではない何かで伝えようと一生懸命になる姿は、きっと相手の心に何かを伝えることができるんだろうと思う。
今自分にできうる限りのことをやろうと思ったよ!言葉はできなくとも、気持ちをしっかりもって日々精進しやす!☆
Commented by mikimatusa-n at 2012-10-17 00:37
Mティ~!ほんとだよねぇ~。言葉があれば、にごせるものもあるかもしれないけれど、
言葉がないと、ダイレクトに伝えるしかないもんね。それがじつはすごく「伝えること」の根源なのかもしれないよね。
Mティもお仕事でこれからいろんな壁にぶつかるかもしれないけど、がんばってね!!
大切なのは、伝えようとする「気持ち」だ~^^
<< 生活リズムをかえる ある日のイラン人との会話 >>


ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧