元・大島未由希のつぶやき
雑記
スマホのアプリで、翻訳できるやつがありますよね、
あれで、何も言わずに何かを打ち込んで、何も言わずに画面を見せてきた人がいたのです。
それをされたとき、正直、嫌な気持ちしかしなかったのです。
内容は伝わるけど、気持ちは全然伝わってこない、
これってコミュニケーションじゃないですよね。

いままで、言葉が通じない人と接する機会なんてたくさんあったけど、
みんなまずはがんばって伝えようとしてくれるから、こちらもがんばって解ろうとする。
言ってもわからない、書いてもわからない、手振りでもわからない、
そのとき初めて機械翻訳が出てくるんです。

でもね、機械翻訳が必要になるほど、わからないことなんて殆どない。
だいたい、書いたりジェスチャーで伝わるんですよ。

だからね、そこを省かないでほしいんですよ。


わたしは最近よく感じるのですが、言葉が通じることで、伝わらなくなることが増えるのです。
わたしは英語を話すけど、英語が通じる人と分かり合えた!って思うことって、あんまりないのです。
それはね、きっと、言葉が通じることに胡坐をかいて、
気持ちを伝えることをサボってるからなのです。


わたしが英語を話せるようになりたいと思った動機はもっと違うところにあったはずなのに。
完全にサボってますね。

フランス語しかしゃべれないお母さんとか、ドイツ語しかしゃべれないおばあちゃんとか
中国語しかしゃべれないお兄さんとか、いままでいろんな人にあったけど、
そのたびに、脳みそフル回転で理解しようとするんです。

そういうときって、お互いに歩み寄ってる状態になるので、
(あぁ、どうしたら伝わるかな?こうやってみようかな?こうはどうかな?)って
すごくすごく考えるのだけど、それと同時に、「伝えたい」って気持ちがものすごく伝わってくるのです。

だから、どんな些細な内容でも、伝わったとき、分かり合えたときってすごくうれしい。


このまえ長期で泊まってくれた、フランス人のお母さんは、
フランスの美しい風景や、おいしい食べ物の話、おうちの話をしてくれました。
でも全部フランス語で、言ってることは全然わからないけど、伝えたいことはわかるもんなのです。
わたしが質問したことに対しても、お母さんは日本語わからないはずなのにちゃんと答えてくれる。
(英語も通じないとなると開き直って日本語になる笑)

これって、ちゃんと分かり合えてるって事なんですよね。

でも、どうだろう?翻訳機に無機質に表示された文字だけを見せられて、
なにが伝わるというのでしょう?

おかしいよね。

便利になってるはずなのに、むなしくなるなんて。
伝わってるはずなのに、伝わって来ないなんて。

わたしの母はいつも言ってました。
「人間の手に勝るものは無い」って。

こういうことなんだよね。


いまだに英語を勉強しているわたしが言えたことじゃないですがね
言葉なんて無いほうが、伝わらないほうが、もっと大事なものを伝えられると思うのです。


なんて書いてみましたが、

昨日のオリンピック最終プレゼンの同時通訳がかっこよくて、
スピーチよりそっちのほうが気になって仕方ないわたしでございました。

あんな第一線で活躍できる同時通訳者になりたい!


ああ、矛盾!!
[PR]
by mikimatusa-n | 2013-09-08 12:52 | Comments(0)
<< 式根島の話 シリーズ・富士登山【富士宮編】... >>


ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧