元・大島未由希のつぶやき
奄美大島にいってきた
ちょっと早めの夏休みを頂き、奄美大島まで行ってきました!!
終わらない梅雨、こんな時に限って台風の直撃、大丈夫なのだろうかと気が気じゃなかったですが・・・
なんとラッキーなことに、梅雨明け二日後、台風も過ぎ去って、奄美は快晴の状態で迎えてくれました!
もう、海の美しさに息をのみました。

b0084429_22411541.jpg


なんて美しいのだろうか!!もう感動です。
奄美の端から端まで、車で三時間かかります。いろんな浜に寄ったけど、それぞれいちいち美しい。
いろいろ写真を撮りすぎて、どれがどの浜かわかんなくなっちゃったよ。
とにかくどこをとってもきれいでした。

泊まったホテルは、奄美山羊島ホテル。

b0084429_08863.jpg


めっちゃ良いホテルでした!
リニューアルしてまだ日が浅いらしく、新しくてきれいで良かったです。
なによりも、ランドリーがすべて無料で使えるのがすばらしい!!!
水着を洗う人にはかなりありがたすぎるサービスでした。
お風呂もきれい。露天風呂もサイコーでした。

ホテルにチェックインしてから、近場のビーチを散策。シュノーケルスポット探し。
奄美一の美しさと言われる土盛海岸、確かにきれいでしたがここは離岸流が発生しやすいそうで
離岸流の発生ポイントが大きく看板に書かれていました。
一度別の海岸で怖い目に遭っているので、ここは大事をとってパス。

でもきれいな海でした

b0084429_0165586.jpg



土盛海岸のすぐとなりにある、あやまる岬へ
ちょうど日が傾き始めたところで、素敵な写真が撮れちゃいました。

b0084429_0194961.jpg


大きなオカヤドカリ
b0084429_020193.jpg


晴天に映える南国の花ハイビスカス
b0084429_0211846.jpg



奄美空港からホテルのある名瀬市までの海岸はだいたい見たので、二日目は南へ。
主にタエン浜、屋鈍浜、ヤドリ浜に行きました。

生き物の数的には、タエン浜<屋鈍浜<ヤドリ浜の順なかんじでした。
タエン浜はかなり美しいですが水色の部分は砂地なので魚はあんまりいません。
上から見たときの青い(暗い)部分がサンゴなので、その辺に魚がいっぱいいます。
屋鈍浜はわりとサンゴが多く、魚も多かったです。

b0084429_0265094.jpg


最後に行ったヤドリ浜。ここはすごかったです。
どこまでも続く浅瀬、サンゴに寄ってくる魚、イソギンさんとたわむれるクマノミ。

b0084429_0284042.jpg


ヤドリ浜は、お昼過ぎくらいまで満潮で、14~15時あたりから潮が引き始めます。
透明度もそれくらいから高くなるので、午後からのシュノーケルがおすすめ。
左右に広がる岩場も浅いので、安心して潜れます。
今回はウミウシを中心に探してみましたが、探し方が悪いのか、わたしの目が悪いのか
二種類しか見つけられませんでした。
一匹は、青くきれいなウミウシで、もう一匹は石の色と同じウミウシさん。

b0084429_23515056.jpg


かわいい魚と同じくらい、危険生物もいっぱいいるので注意です。
今回はウミヘビがたくさんいました。小さいものでも30~40cm、大きいものだと1m級のものが
目の前を泳いでいくので静かにパニックになりました。
あとはおなじみのウツボ、ミノカサゴ、かなりでかいガンガゼ、など。。。見るたびにパニックになりました。笑

b0084429_23545535.jpg


陸地にもいろんな生き物がいました。
ガサガサっと音がしたと思ったら、カメレオン登場
(オキナワキノボリトカゲというトカゲらしい、でも動き方はカメレオンそのもの!)

b0084429_06816.jpg


カメラ目線
b0084429_0245666.jpg

b0084429_024880.jpg


そんなこんなで3日目は一日中潜ってました。

南の方は、絶景ポイントがたくさんあります。(実際どこでも絶景ですが)

徳浜の断崖 洞窟がスリル

b0084429_021393.jpg


マネン崎 息をのむ絶景かな

b0084429_0141655.jpg


ハート形に見える湾 わかるかな?

b0084429_0302629.jpg


ホノホシ海岸
波がダイナミックで、泳ぐことは出来ないけど、サスペンスドラマに出てきそうな光景。
波が打ち付けるときに鳴る、丸い石同士がぶつかるカラカラという音はここでしか聞けません。

b0084429_0312165.jpg


この辺もお見逃しなく!


4日目は、朝一でマングローブパークにカヌー体験へ。
ツアー会社の特典で、ホテルから予約すると割引になりました。ラッキー!
黒潮の森マングローブパークでは、マングローブ原生林の住用川にカヌーで入ることができます
割引なくても一人1,500円、所要時間一時間ほどなので、ちょっくら行くのに丁度いい。

ガイドさんの話を聞きながら、マングローブへ!

b0084429_0361274.jpg


直前ににわか雨が降りましたが、すぐにやんでお日様さんさん、暑かったです。
奄美大島のマングローブは日本で二番目に大きなマングローブだそうです。ちなみに一番は沖縄・西表島。

深い所で3~4m、浅い所だと数十センチ。
マングローブは満潮の時だけに現れるそうで、すべて海水だそうです。(知らなかった~)

b0084429_04933.jpg


マングローブのほとんどを形成する木は、メヒルギとオヒルギだそうです。
メヒルギは、根の部分にろ過機能があるらしく、吸い込んだ海水を真水に替えて栄養として取り入れているらしい。すごい!!!
オヒルギは、ろ過機能がないため、海水をそのまま吸い込み、葉の一枚を犠牲にしてそれに塩分を溜めるのだそう。
だからところどころ、黄色くなっている葉っぱがありました。
枯れた葉っぱが落ちると、また別の葉っぱに塩分を溜めるらしい。
もちろんこの葉っぱをかじるとしょっぱいらしいですよ。すごいね!!!

b0084429_04898.jpg


そのような進化を遂げてまでマングローブで生きていくことを選んだ木の強さたるや尊敬に値しますな。

木の枝の上を歩くカニって新鮮

b0084429_0495599.jpg


マングローブに咲くハイビスカスの仲間、ハマボウ

b0084429_0522747.jpg


もともとマングローブには行くつもりはなかったのですが、行って良かったとすごくおもいました。
きれいな海のすぐ後ろには、まったく違う世界のマングローブ原生林が広がっていて、
これら二つが合わさって、はじめて奄美大島となるのだな、と感じました。

特別天然記念物であり絶滅危惧種に指定されている、アマミノクロウサギも探しましたが見つかりませんでした。
b0084429_053183.jpg


夜行性なのでお昼はねんねしていたのでしょうな。
道路にはクロウサギ飛び出し注意、速度落とせの標識がたくさんあり、奄美全体で守ってるんだなとおもいました。
黒く動く小動物を見つけて「おっ!?」とおもってもよくみたらアマミノクロカラス(ただのカラス)でした。
夜のツアーに参加すると見れることもあるらしいです。でも夜のマングローブなんて怖そう。


ところで、奄美大島は鹿児島県ですが、もともと琉球文化圏だったそうで、現地の人たちはみんな沖縄なまりでした。
よくよく地図をみれば、鹿児島よりもむしろ沖縄に近いのです。ほぼ沖縄県ですよ。
管轄が鹿児島県なだけであって、奄美大島は沖縄県みたいなもんです。
わたしは、鹿児島のイメージばかり持っていたので、現地で沖縄なまりを聞いてたいそう驚きました。
空港にも「いもーれ」とか「ゆてぃもーれ」とか、沖縄っぽい言葉がたくさんでした。

b0084429_0533592.jpg

b0084429_054889.jpg


奄美大島でシェアナンバーワンを誇るコンビニは「everyone」、同じくドラッグストアは「ドラッグイレブン」。
滞在中かなりお世話になりました。あとミスドもあります。ヤマダ電機もあります。
大型スーパーもあるし、回転ずしもあるし(かなりうまかった)、島だけどすごく暮らしやすそうな印象。
だけど沖縄ほど観光開発されておらず、人も少ないし、穴場的なかんじがたまらないですね。
海の美しさ、自然のすごさは沖縄に負けず劣らず。そして沖縄よりも安く行ける!バニラエアで調べてみてね。

奄美大島を紹介する雑誌にはほとんど載っているらしい居酒屋、てっちゃんで食べた時
「東京から来たの?何で来たの?バニラエア?安いよね」とお店のおじちゃんに言われました。
実はJALでしたが、なまりで何を言ってるのかわかんなかったので、ハイ、ハイ、と答えて終わりました。

奄美大島のご当地グルメは鶏飯(けいはん)。ご飯の上に鶏のささみ、錦糸卵、しいたけ、とかいろいろ乗って
それに鶏ガラのだし汁をかけたお茶漬けみたいなやつで、鶏好きにはたまらない、鶏嫌いにもたまらない一品。
あとはそうめんを油でいためて焼きそばみたいにした油ぞうめん。どこの飲食店にもありました。

奄美空港から車で名瀬市に向かう途中にある豚豚亭では、鹿児島県産黒豚、島豚料理が食べられます。
めっちゃうまかったです。

b0084429_0551628.jpg


3泊4日の奄美大島でしたが、到底時間が足りませんでした!
次は、となりの加計呂麻島にシーカヤックなんかで行ってみたいな。
あとは金作原原生林にも行ってみたいです。
時間がなかったので断念しましたが、奄美海洋展示館にも行きたかった。
行きたいところがありすぎます!

奄美大島を世界遺産に登録しようという動きがあるようですが、個人的には登録されずにひっそりと
このままでいて欲しいななんておもいます。
どの浜でもサンゴが見られますが、そのほとんどはやっぱり死んじゃっていて、
人が入る事の意味を悪い意味で感じざるを得なかったからです。

まあそんなわたしもおなじ観光客のひとりなんだけどね。

そんなこんなでめちゃくちゃ楽しい4日間でした。
次につながる島、奄美大島!ぜひ行ってみてね。

b0084429_0553141.jpg


とにかく日差しが強く、日に焼けるので、全身ラッシュガードで防備しましたが
盲点だったのが頭頂部。地肌がヒリヒリです。
[PR]
by mikimatusa-n | 2014-07-18 22:45 | Comments(2)
Commented by むたのそ at 2014-07-23 10:34 x
奄美大島で、自然に触れて心身のデトックスしてきたのね〜(o^^o)
いいなぁ。マングローブの力強さに触れて、さぞかしパワーをもらったことでしょう( ´▽`)
私も行ってみたいな( ^ω^ )
Commented by mikimatusa-n at 2014-07-24 14:00
大島さんが大島をめぐるシリーズ第二弾だよ~笑
予想以上に良い場所だった!個人的には沖縄より好きかも^^
売り地がいっぱいあって移住もいいかもなんて本気で考えたわ~笑
ぜひぜひ行ってみてー!!^^!!
<< なんともない話 気付いたら30歳 >>


ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧