元・大島未由希のつぶやき
南伊豆に行ってきた
ギンギンギラギラの~夏なんです~!

今年第一弾のシュノーケルをしに南伊豆まで行って来ました!

今回行ったのは、南伊豆の須崎というところにある『恵比須島』と
海水浴で人気の白浜からほどなくしたところにある『竜宮島』。

お仕事終わり、東京を22時に出発。夜なので高速もすいすいでした。
海老名SAで遅い夕食を食べて、道の駅「天城越え」に着いたのが2時ちかくだったかな?
そこで車中泊。エアコンを切ると暑くて、エアコンをつけると寒く、よく眠れませんでした。
やっぱり普通の乗用車はシートが平らにならないからワゴンがいいな、と反省。
でも次回の車中泊はこれで失敗しないぞといい経験になりました!

日も昇った朝6時、須崎へ向けて出発~、と、一時間ほどで到着。

こちらが恵比須島

b0084429_23445397.jpg


駐車場にはちょいコワなおじさんがいて、「有料だぞ、いいのか!?」と聞かれ
「おねがいしまーす」というと、「ちょっとまっててねん♪」と実はやさしい良いおじさんでした。
橋に近い駐車場は5台も停めれば満車。ぎりぎりでした。料金はオンシーズン1,000円/日。

b0084429_234667.jpg


車を停めて気づいたのが、「ごはん買ってない!」そして「近くにコンビニがない!」
まあ大島ではないし、ちょっと移動すればあるだろうと、我慢することに。

のんびり着替えて、身体を目覚めさせます。
こちらはトイレもきれいで、温水シャワーもありました。
なんだかんだで8時からもぐり始めました~。

恵比須島は一周を歩いて回れるようになっており、10分くらいで回れちゃいます。
火山のマグマでできた島なので、岩場がシュノーケル向きでいいね。靴に砂入らないし。
大島でも見られる地層も、ちゃんとありました。風や波で削られた跡がなんともダイナミック!

b0084429_23472646.jpg


島の裏側は岩場になっていて、シュノーケル向きです。
全体的に浅いように見えますが、やっぱり上から見るだけではわからない!

b0084429_23482857.jpg


もぐってみるとこんな世界が広がっているのです!
伊豆の海はとってもきれい。

b0084429_23505115.jpg


水の温度はまずまず。外の波が入ってくるところは多少冷たかったけど、
岩に囲まれているところは丁度良かったです。

b0084429_23543062.jpg


島の裏側は、突然深いところもあったり、波も高いので、注意が必要です。
囲んでいる岩が波をブロックしてくれるので、沖に流されることはないですが、
波の勢いで岩場に打ち上げられたり、(イルカ、いやクジラのように)
ふわふわ流されていると突然フジツボだらけの岩にぶつかりそうになったりします。
岩場はゴツゴツしていて簡単に切れちゃいますので、怪我に気を付けましょう!

とくにこの日は、接近している台風の影響で、風が強く波も高かったです。

あと、多かったのがサザエの残骸・・・なんか、悔しいような、、、いやいや、
勝手にとっちゃだめなんだぞ!というような、わたしも食べたかった・・・ような、
非常に微妙な気持ちになりました。(-~-)

3時間くらいもぐって、お昼近くになってくると急に波が大きくなって、時化てきたのであがることに。
ちなみに、島に渡る橋の下も泳げます。
こちらはわりと波はおだやかで、水温も高く、海水浴向けでした。魚はあんまりいません。

そろそろお腹が空いてきたなと思ったところに、来たときは閉まってて気づかなかった商店。
カップヌードルと、ちゃんと用意されていたお湯で、ブランチタイムです。
やっぱり、環境と体調と心境で、何の変哲もないカップヌードルもごちそうになるのです。

恵比須島で出会った変な魚たち
b0084429_23574894.jpg


b0084429_2359130.jpg


b0084429_23594479.jpg






そして次に向かったのが、竜宮島。

b0084429_022516.jpg


人でにぎわう白浜海水浴場を抜けてすぐ、ポツンと静かにたたずむ竜宮島。
人もまばらで、おばあちゃんと孫ちゃんが泳いでいるくらいでした。
絶対こっちの方がすいてて良いのに、なぜ人々はあんな五月蝿くて魚も居ない所を好むのでせうか。

駐車場はオンシーズン1,500円/日。こちらは出入り自由です。
広いので満車の心配もありません!おじさんもやさしい!

島を歩いて回れる恵比須島とは違って、こちらは簡単には登れません。
神社があるので、参拝することはできるみたいだけど、岩肌がすごくて、拒まれている感がすごいです。
それ以外は恵比須島とほとんど同じで、島の周りのいたるところでもぐることができます。

島の裏側はなかなか手ごたえのありそうな岩場になっていました。
ただ、、、、水が冷たかった、、、、、
風が強いのと、すでにもぐって身体が冷えていたので、寒く感じてしまい、もぐるのは断念。

b0084429_04634.jpg


その代り、橋側の浜でもぐりました。
水も適度に透き通っており、熱帯系の魚もいました。

b0084429_065863.jpg


大きな石がごろごろとあるので、片っ端からひっくり返して遊んでいました。
石の下には、ヤドカリの子供や、カニ、ナマコ、ウニ(!)などがたくさん。

b0084429_08647.jpg


石の上で足をこすって藻を発生させると、魚がたくさん寄ってきます。
恵比須島でも、竜宮島でも、フグがけっこう見られました。
(↓この写真にフグが写ってますよ、探してみてね)

b0084429_01052.jpg


はずみでつぶれたウニに一瞬で群がるベラ

b0084429_0111722.jpg


ベラの食い意地がすごくて、黄色しましまも、フグも、周りから見ているだけでした・・・

人間も、魚も、ウニは大好物なのですね。
おもしろくって、ウニを見つけてはつぶして、魚が群がるのを見ていました。
採ったわけじゃないから、大丈夫だよね?!(-▽-)

竜宮島で出会った変な魚

ヒレがきれいなこの方は・・・?

b0084429_0123833.jpg


カメラ目線もいただきました。

b0084429_013547.jpg


あなたはどちら様ですか?

b0084429_0141846.jpg


と、いろいろと遊んだのち、疲れてきたし波の流れも速くなってきたので、あがりました。
こちらの浴場も簡易シャワーが設置されています。
料金は200円ですが、個室の前に木箱が置いてあって、200円入れてね、という感じです。
利用者のモラルを信じてくれている故のシステムなので、みなさんマナーを守りましょうね~

潮のベタベタだけ流して着替えたら、温泉を目指してふらふら。

道に出ていた看板で見た「踊り子温泉会館」に行ってみることに。
料金は1,000円で3時間利用できます。
施設もとてもきれいに清掃されていて、気持ちよかったです!

真夏の露天風呂は、セミの音が大音量で聞こえる中、屋根の下の影になったところが少し涼しくて、
とってもゆったりとした時間が流れていました。


そんなこんなで午後3時。いよいよ帰路につきます。
230さんから、「伊豆スカイラインを使うように」と忠告されていたので、
伊豆スカイライン、伊豆スカイライン、とおもっていたのですが気づいたら入り口を通り過ぎてました(爆)
通り過ぎた直後に渋滞!やっちまいました。

まあそれでもまったく動かないわけではなかったので、なんとか沼津市街までたどり着き、
「徳兵衛」という回転寿司屋でたらふく食べて(思えばカップヌードル以外何も食べていなかった)
東名高速で火災渋滞に巻き込まれながらも、えっちらおっちら進んで、到着が21時すぎ。

やっぱり早めに出発してよかった~とおもいました。
疲れたけど、たのしかったー!
伊豆地方は海もきれいだし、シュノーケルスポットもたくさんあります。
今度は西伊豆のほうにも行ってみたいな。


本当は、いつもの伊豆大島に行こうとおもっていたのですが、
フェリーを予約したのはいいものの、レンタカーがすべて満車で、予約取れず
ザ・夏休みの洗礼を受けたわけです。
いつもオフシーズンに行くから、こんなに混んでるとはおもわなかった・・・

でも、結果オーライ!新たなスポットを開拓できたので、OK!


ところで、いつも使っていたカメラがいよいよ壊れそうなので、新しい水中カメラを買いました。

NikonのCOOLPIX S32様です。
b0084429_9241850.jpg


安物ですが、さすがは天下のNikon様。十分のクオリティです!
なにがいいって、カメラそのまま水にドボンできるところ!
今までは、普通のデジカメを防水のケースに入れて使っていましたが、
こちらは防水、防塵、対ショックもバッチリ。大満足でございます。

また、おもちゃ機能もたくさんついていて、わたしみたいな大きなお友達にはいいと思います。
「ビー玉に映す」という機能ではこんな写真も

b0084429_930294.jpg


ほかにも、「観察写真をとる」「鏡に映す」「ネオン風にとる」「ミニチュア風にとる」などなど
わけのわからない余計な機能がたくさんで、たまりません!!

これからしばらくお世話になります(^▽^)


というわけで、大長編になってしまいましたが、夏はまだ始まったばかり~!
次はどこに行こうかな~!?
[PR]
by mikimatusa-n | 2015-08-09 13:58 | Comments(0)
<< 神津島に行ってきた その1 瞬時に考えられる原因と可能性 >>