元・大島未由希のつぶやき
エビ爆殖その後
村の長老、ガメラさん(3歳)に頼んだ、人工自然淘汰。

その名のとおり、単にエビを食べていただこうという計画である。

だがしかし。誤算があった。





ガメラがエビに気づかない(どーん)!!


気づいてもエビを捕まえられない(どどーん)!!





村長!!!!




逃げ切ったエビたちはカメ水槽水替えのとき邪魔なのでエビ水槽に戻されたのでした。



エビは今日も元気に泳ぎまわり、卵をわっさわっさしている。




THE END
[PR]
# by mikimatusa-n | 2015-06-08 23:47 | Comments(0)
エビ爆殖
ちまたでは、さいきん、爆買い、というのが流行っているそうで。

しかし、いまのわたしを脅かすもの、それは「エビの爆殖」である。

エビ爆殖
~World of EBI~

1月のある日、我が家にやってきた12匹のパイオニア。

カメのえさにされた1匹の仲間を見届けたあと、生き残りを誓った。

彼らの武器は、その愛くるしい姿。 まんまと人間(わたし)の慈悲をかうことに成功。

クーリーローチとコリドラスしかいない水槽は、彼らにとってまさに天国だった。

この地に安住しようと決めた彼らは、驚くほどのスピードで増え続けたのだ・・・・・・・!!!!!!



―――そして5月。



もはや数えることのできない程にまで、増えてしまったヤツら。

悠々と泳ぐ者、水草につかまり優雅に休息する者。穴という穴に入り込み、大人になる日を待つ者・・・

b0084429_1075610.jpg

ある日、コリドラス2匹が死去。

原因は・・・彼らのせいにしたくはないが、

死去したコリドラは、ものの何日かで骨だけとなっていた(貝殻の奥で死んでたので気づかなかった)


ヤツらは、アクアリウム界のハイエナと化していたのだ・・・!!!

もはや水槽の中を制圧し悠々と泳ぐその半透明の姿をただ指をくわえてみるしかない人間(わたし)。


残されたクーリーローチ3匹は、相変わらずせまいところでその存在感を消している。

そんなことなどおかまいなしに、新たな卵をたくわえるヤツが・・・・・

b0084429_1093727.jpg


人間(わたし)は、村の長老に相談に行った

b0084429_1084135.jpg


「仕方がない、わたしのところにそのエビたちをよこしなさい」



そうして、長老(ガメラさん)による「人口自然淘汰」が始まったのだ。



To be continued...
[PR]
# by mikimatusa-n | 2015-06-04 10:11 | Comments(0)
そんなお客さんになりたい
さいきん、なんとなくおもうことがあります、それは、
いいお客さんになりたいなということです。

お客さんというのは、この世界で暮らしている以上誰でもなりえるもので、
いつでも自分は誰かのお客さんなわけです。

それで、自分がお客さんと接する方になったとき、
たとえば、店員さん、営業さん、舞台の役者もそう。
みんな誰でも、思い出に残るお客さんっているとおもうのです。

「とあるお客さんにこう言われた、その言葉がいまの原動力になっている」
とかなんとか、よく聞く言葉ですが

その、とあるお客さんに、なりたいな、と。

どんなお仕事でも、この世の中を動かす大切なお仕事だとおもうのです。
だから、どんなお仕事の人にも、そのお仕事をがんばってもらいたいな、という気持ちで
ああ、がんばろう、っておもってもらえるようなお客さんになりたいな、とおもうわけです。

それで、そうおもってもらえるようなお客さんになるために心がけていることは、
なるべくこちらも笑顔で、とか、なるべく「ありがとう」って言う、とか、
機械のように「いらっしゃいませこんにちはー」と言われても「こんにちは」と返す、とか
それくらいの小さなことです。

できないときもあります。しないときもあります。
でもなるべく、するようにしています。


この前、友達にプレゼントを買った時、ラッピングをお願いした店員さんが
包むのにに少々手こずって、時間がかかったことがありました。

時間がせまってきていたので、わたしも少しソワソワし始めたんだけど
出来上がった商品を持って、「お待たせしましたっ!」と言われると
わたしのために頑張ってラッピングしてくれたんだ、という気持ちになるもので
「わぁ、ありがとうございますっ!」と言っていました。

店員さんは、何もおもわなかったかもしれないけど、何かおもったかもしれない。
でも、少しでも、がんばってよかった、とおもってくれていたらいいな、そうおもいました。

もしかしたら、あの店員さんはラッピングマスターへの道を歩むかもしれない。

こんな些細なことがきっかけで、その人の道が決まるのかもしれないとおもうと
生半可にお客さんをやるわけにはいかないな、とおもうのです。

お金も、ただ払えばいいんじゃなくて、感謝の気持ちをベースに敷いていたいなと。


お客さまは神様!とか、そんなこと考えなくたって、
喜んでいる姿を見たら、ありがとうって言われたら、ああ、またがんばろうって、
自然とおもえるものだとおもうのです。

だからわたしも、自分がお客さんになったら、店員さんが、がんばろう、とおもってくれる
そんなお客さんになりたいです。
[PR]
# by mikimatusa-n | 2015-05-31 11:06 | Comments(0)
東京倶楽部 『初恋』
本日は~

東京倶楽部公演

~月の砂漠の異聞恋歌~

『初恋』


を観劇。


おもしろかったー!!

初恋をテーマにしたオムニバス公演。新鮮!
やっぱりオムニバスって面白いですね。


お久しぶりの東京倶楽部のみなさん!
お会いできてうれしかったです。

わたしが観にいくときには必ず「ワオ!」をねじ込んでくれるみなさん笑
笑いました~っはっはっは!

あと今回は、さすがに、涙がつつーっと、流れてしまうシーンもあり。
文字通り、笑いあり、涙ありの舞台でした。


やっぱり舞台みるとやりたくなるーーー!ひっひひーん♪


高円寺の明石スタジオにて、5月31日(日)まで上演しています!!

ぜひどうぞー☆
[PR]
# by mikimatusa-n | 2015-05-28 22:53 | Comments(0)
わたしのごーるでんうぃーく
イベント満載のマイ・ゴールデン・ウイーク・オブ・エイプリルを終え、わたしは普通に働いています。
とはいえ、ホテルは相変わらず忙しいけれど、マンションのほうはみんな出かけてくれて、平和です。

新宿のマンションでは、静かなロビーにクラシック音楽が流れて、
窓の外には青々とした木の葉がそよ風になびきながら、地面に照り返す日差しが少し暑そうで
それを涼しくゆったりと眺めるわたし♪ おいおい暑そうだな外、とか思いながら♪
汗をかいて暑そうに帰ってくる人たちに涼しく「おかえりなさいませー♪」とかいいながら♪

人様がお休みの時には休めないけれど、職種によってはこっちもゆっくりできるときがあるわけです。笑

そして月曜日の今日はわたしもお休みです。(曜日で決まってるので)
張り切って合気道に行ってまいりマース。

そんなこんなで、最近は個人的に、我迎人生的節目でして、
改めて報告いたしますが、とりあえずいろいろと東奔西走しております。

つねにフワフワしていて、すこし落ち着きませんが、
それと同時に、自分はとってもすてきな人たちに囲まれて生かされていることに気づき、
いつも思っているつもりだけど、やっぱり改めて、感謝感謝でございます。

あの人も、この人も、わたしなんかのために、助けてくれたり、寄り添ってくれたり、優しくしてくれたり
まんずまんず、どうもどうも、ありがとうございます。です。

わたし、がんばります!いろいろと!


なんておもう、静かな休日なのでした。


あしたはテレビ取材です。見切れることができるかな?!
オケショーしていかなくっちゃ☆
[PR]
# by mikimatusa-n | 2015-05-04 11:09 | Comments(0)